Category Archives: Miscellaneous

[Excerpt] Trustpolitik and Expanding Horizon of Korea’s Foreign Policy (MOFA)

Participants of the 2013 World Journalists Conference, I would like to welcome all of you to the 2013 World Journalists Conference in Seoul. 2013년 세계 기자 대회 참가자 여러분, 서울 기자 대회에 오신 것을 환영합니다. — Each of you may have … Continue reading

Posted in Miscellaneous | Tagged | Leave a comment

Homosocial Space in Sailor Moon

A really fun post from a blog on contemporary japanese literature: [Sailor Moon] is a world where femininity is not something to be ashamed of, it’s the source of POWER. The girls don’t use their pretty clothes and jewels and … Continue reading

Posted in Miscellaneous | Tagged , | Leave a comment

SLIFF- Steve McQueen’s “Shame”

The St. Louis International Film Festival (SLIFF) just began a few days ago, and already a handful of films from all over the world were screened at Tivoli (Loop), Plaza Frontenac, WashU, Webster, and other locations. Yesterday I went to … Continue reading

Posted in Miscellaneous | Leave a comment

ひとコマ、ひとコマ、愛をこめて

川本喜八郎美術館のシイナさんからすごい映画を紹介されました。「こまねこ」という名前の映画で、川本さんの「三国志」や「平家物語」のようにストップモーション(stop-motion) の技法が使用された映画です。子供向きの映画ですけど、日本特有のユーモアが適当に使われて大人も問題ないように見れる特別な映画です。特に、言葉は”ニャーニャ”しかないから、どこで上映されても通じる。友情っていう単純なテーマを取ってこんなに素晴しい映画が作れるるというのはこんごろになって珍しいという感じがします。 予想外の発見の映画「こまねこ」。アメリカに帰ってみんなに教えたいという気持ちができました。 出たこのフーレズ:愛には国境がない

Posted in Iida, Japan (飯田 Summer '10), Miscellaneous, Travels | Leave a comment

かこめ食堂

美術館の橋上さんのおすすめで、暇な週末に見た「かこめ食堂」です。

Posted in Iida, Japan (飯田 Summer '10), Miscellaneous, Travels | Leave a comment

Charles Leadbeater on Education Innovation

The  19th-century Bismarckian model of education, on which countries such as Britain, the U.S., Japan, and South Korea rely on, will “lay waste to imagination, appetite, and social confidence,” Leadbeater claims.

Posted in Miscellaneous | Leave a comment

”恥ずかしがらずに話して”って言っても...

昨日近所の鼎中学校に見学して英語の授業を手伝いましたけど、何もせずにいすに座るだけだった私たちです。質問があるって聞いても全然答えがありませんでした。”日本の学生は恥ずかしい”ってよく知らせているみたいですけど、先生の責任もあるんじゃないかと思われます。どうしてアメリカの大学生が授業に参加する日学生たちに質・答えなんかの宿題をさせるか分かりませんでした。代わりにもっと私たちと日本の学生が交流(こうりゅう)できる楽しいのがよかったかもしれないと思います。鼎中学校の英語授業は2年半間がまんした韓国の耐えがたい英語の授業とまったく同じ。文脈(ぶんみゃく)を考えずに覚えるだけが強調される韓国。日本も韓国も英語の教え方には非常に問題があると思われます。

Posted in Iida, Japan (飯田 Summer '10), Miscellaneous | Leave a comment