「歓迎!カンヌン市民の皆様」

韓国と日本は近いですけど、いろんな歴史的、政治的な問題で気まずい関係を維持しています。でも、こういう趨勢では何も解決されられないし、お互い理解してくれるのが大切と信じる方々に会って素晴らしかったです。

日本の飯田市と韓国のカンヌン(강릉市は姉妹都市としていろんな交流をしていますけど、三日間(7.18-7.20)それぞれの都市の青年会議所(Junior Chamber、いわゆるJCという40代までの事業者たちの団体の集まりがありました。飯田とカンヌンの姉妹関係の創立40年を祝うこの集まりはもっとよい韓日関係のための努力です。환영! 강릉 시민의 여러분(歓迎!カンヌン市民の皆様)って書いてる表紙を持って、韓国の方々を迎えに行った飯田のJCたちでした。

観光、歓迎会、一時間もかかったおみやげ交換、そのあと打ち上げを通じて楽しい祝いができました。日本人の中で、本田守彦さんは韓国について非常な関心を持っていました。私より韓国人らしい彼は「ガムサハッムニダ!(감사합니다!)」を上手に言ったり、韓国の文化についてよくご存じしていました。カンヌンの「端午際(단오절」にも何回行かれた彼は韓日関係が文化交流を通じて友好な関係に発展してほしいと信じています。「恥ずかしい(歴史的な)過去は認められて、仲良い関係に発展するが大事」って打ち上げの時に叫んだ本田さんでした。もっと多くの人々が本田さんのようにそんな考え方を伊達にだけじゃなくてまことに持ってるとどなんなにいいだろう。

短い間、簡単な通訳と手伝いをしながら素晴らしい方々に会ったりいろんな経験をして楽しかったです。言語が違っても、深い理解や尊重の心はどこでも、グローバル的に通じます。そういう心が友好な韓日関係に発展する秘訣ではないでしょうか。

This entry was posted in Iida, Japan (飯田 Summer '10), Travels. Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s