”恥ずかしがらずに話して”って言っても...

昨日近所の鼎中学校に見学して英語の授業を手伝いましたけど、何もせずにいすに座るだけだった私たちです。質問があるって聞いても全然答えがありませんでした。”日本の学生は恥ずかしい”ってよく知らせているみたいですけど、先生の責任もあるんじゃないかと思われます。どうしてアメリカの大学生が授業に参加する日学生たちに質・答えなんかの宿題をさせるか分かりませんでした。代わりにもっと私たちと日本の学生が交流(こうりゅう)できる楽しいのがよかったかもしれないと思います。鼎中学校の英語授業は2年半間がまんした韓国の耐えがたい英語の授業とまったく同じ。文脈(ぶんみゃく)を考えずに覚えるだけが強調される韓国。日本も韓国も英語の教え方には非常に問題があると思われます。

This entry was posted in Iida, Japan (飯田 Summer '10), Miscellaneous. Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s